• profile

      domojan

      なまえ:domojan
      性別:中性
      場所:奈良のとある田舎町
      好きなこと:心を動かすこと

      生まれも育ちも奈良です。
      奈良の片隅から・・・
      奈良の素朴な空と景色と共に
      あの雲の向こうへ届けたい
      そんな言葉をつづっています。

      By.NikonD200

      ■Facebookページ
      http://www.facebook.com/domojan.photo

    • QRコード

      QRコード
    • メールはこちら

      名前:
      メール:
      件名:
      本文:


    --/--/--(--)

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
    2013/10/14(Mon)

    笑顔の輪

    20131014-2-1.jpg

    笑顔が人を引き寄せ
    笑顔は人を引き付ける

    笑顔は自らの心も開き
    笑顔は自らを前に進ませる

    笑顔をもらい
    笑顔が溢れ
    笑顔を繋いでいく

    僕らの輪は
    笑顔の輪

    にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
    にほんブログ村
    スポンサーサイト
    Home | Category : つぶやき-写真詩(短)- |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
    2013/10/14(Mon)

    静かに待つ

    20131014-1.jpg

    雨に泣いても
    風に心揺れても
    伸ばした手の先には
    確かに太陽はある

    うっすらとした靄で覆われても
    暗く厚い雲に覆われても

    時に強く流れる雨に
    心折れる日も

    その向こうで
    太陽はじっと
    晴れる日をまってる

    僕の太陽は
    僕の中で
    確かに、確かに
    この中で
    僕が晴れるのを待ってる

    にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
    にほんブログ村
    Home | Category : つぶやき-写真詩(短)- |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
    2013/10/09(Wed)

    強き優しさ

    20131009-2.jpg

    たくさんの優しさが
    人を信じる強さをくれた

    あの日弱さに寄り添ってくれた人は
    あの日僕の強さを信じてくれた

    ただただ優しい人になるということは
    ただただ人を信じ
    強くなるということ

    強き優しさが
    心を動かす

    人を信じるということ



    にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
    にほんブログ村
    Home | Category : つぶやき-写真詩(短)- |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
    2013/10/08(Tue)

    re start

    _DSC2384.jpg

    弱さと強さの
    狭間にあるこの感情は

    つい、うつむいてしまう僕の心と
    振り払うように、見上げようとする僕の心が
    激しく僕の中で交差する

    だけどまた
    新しい一日は始まるから
    新しい未来が僕の前には広がるから

    なんどでも
    なんどでも

    ここから
    この場所から

    僕は毎日
    新しい僕

    あきらめない

    僕にも
    君にも

    あきらめない

    にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
    にほんブログ村
    Home | Category : つぶやき-写真詩(短)- |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
    2013/10/07(Mon)

    投げられたボール

    君が僕に投げた
    怒りと悲しみのボール

    重くて、痛くて、
    投げ出すこともできず
    投げ返すこともできず
    ただ押しつぶされそうで

    僕をここに引きとどめる

    “もうそれは、君へのボールじゃないよ”

    だけど
    君が受けた辛さと怒りが
    映し出されたこのボールを
    ただ投げ出すことなんて
    今さら僕には出来ないから

    だから僕は
    このボールを抱えて
    歩むことができるまで
    その強さを僕が身に着けるまで
    ここで空を仰いで
    心を鍛えていくよ

    いつか歩み始めたら
    このボールの色を塗り替えて
    君の笑顔が映るボールを
    きっと君に、返しにいくから



    にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
    にほんブログ村
    Home | Category : ひとりごと -詩- |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
    2013/10/01(Tue)

    過去と現在

    nachi.jpg

    目を閉じると
    遠くかすかにみえる景色に
    時々ひどくおびえてた

    「僕はここまで進んできたんだ」

    だけど振り返って目を閉じると
    僕はあのころのまま
    あの景色におびえてる

    「君はここまで進んできたんだよ」

    目を開けると
    目の前に広がる僕の今

    「確かに僕はここまで進んできたんだ」

    だからあの景色は
    遠くかすかにぼやけて見える

    僕を信じることは
    僕の大事な人達を
    信じる事

    Home | Category : つぶやき-写真詩(短)- |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
    Home Home | Top Top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。